• Artifactlon

【デッキ紹介】PMaynerd 青緑 トークン

最終更新: 2018年12月27日

今回は12月10日にMTG Professional Player の Pascal Maynard 氏が投稿した青緑トークンの紹介記事です。


クリックするとArtifactの公式ページに遷移します


デッキコード:ADCJY0RMbgCHkGLDbhduN0BNQGURkaYgSUDiJOVE6UBUE1heW5lIEcvVSBUb2tlbnM_


戦略

ヴェノムマンサーとカンナで容易に2レーン展開できます。










主戦場になろうレーンには【毒の植え付け】や【弱者狩り】を用いて展開し、もう片方のレーンでは【次元間ポータル】を用いることで、最初のヒーロー同士の事故がおきなければ2ラウンド目から大量展開することも可能です。


【アグニムの聖所】は主戦場のレーンを増強すれば2~3ラウンド目から【弱者狩り】、【次元間ポータル】、【毒の植え付け】等を2回発動させることができる強力なレーンになり、逆に緑のソロレーンを増強すれば【アヴァーナスの霧】【死の回避】等を強化したいレーンに1ラウンドで両方置くことができる強力なサポートレーンにすることができます。

手札と相談して使いましょう。


また【ローズリーフのドルイド】をトークンするレーンに配置できれば【クォーラムの使者】を早い時間から展開することができる為、ワンレーンでの120点削り切るプランにも変更できます。


その際は他のレーンを防衛するために【ブリンクダガー】とトークンカードを使うことになるので、むやみに手札のトークンカードを削りたいレーンに投入していくのはやめましょう。


このデッキは【完全抹殺】や【アースシェイカー】の【エコースラム】等に対して非常に弱いです。


主戦場に向かって相手が青ヒーローを単体で出して来た場合、高確率で【完全抹殺】を打たれて盤面が更地になってしまいます。


そのマナ帯で【突風】を打つことで対策できますが、それを実行する為に、青相手には先手後手を常に意識するようにしましょう。


また、こちらも【完全抹殺】を3積みしているので、【秘術の猛攻】→【完全抹殺】のコンボで圧倒されているレーンを更地にできることも忘れないようにしましょう。

469回の閲覧